Top >  ディズニーランド関連読本 >  アメリカン・ドリームの軌跡―伝説の起業家25人の素顔

アメリカン・ドリームの軌跡―伝説の起業家25人の素顔

アメリカン・ドリームの軌跡―伝説の起業家25人の素顔
H. W. ブランズ
アメリカン・ドリームの軌跡―伝説の起業家25人の素顔
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 114472位
おすすめ度:
発売日: 2001-09-10
発売元: 英治出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
アメリカン・ドリームの軌跡―伝説の起業家25人の素顔の詳細を見る

ウチの父が昔よく読んでいた「H. W. ブランズ」。当時は、こんなの何が面白いんだろうと思っていた。なかでも父が特に気に入っていたのが「アメリカン・ドリームの軌跡―伝説の起業家25人の素顔」というやつだったと記憶している。

今日、僕も試しに「アメリカン・ドリームの軌跡―伝説の起業家25人の素顔」を読んでみた。すると、父があれだけ「アメリカン・ドリームの軌跡―伝説の起業家25人の素顔」に夢中だったワケが少しだけわかったような気がする。

ここんとこ風が強い日が続いている。
来週末、寝台列車にでも乗って1人で小旅行に出かけようか。

僕はクローゼットの中のボストンバッグを引っ張り出した。

アメリカの「伝説」である25人の起業家は、みな常識の枠には収まりきらない波乱に満ちた生涯を送っている。著者は淡々とした筆致で、そのエッセンスを描きだしている。 たとえば、金融界の「最高神」J・P・モルガンは、病弱な少年時代を送っている。重い鼻の病気にかかり、人に恐怖心を与える醜い顔になってしまう。彼がビジネスに興味を抱くのはその病弱さのためだった。アンドリュー・カーネギーは、一家で借金をしてスコットランドから渡米した移民である。「世界一の富」を築く歩みは、逆境からのスタートだった。 ロバート・ウッドラフは、コカ・コーラの社長に就任するなり幹線道路の屋外広告の看板を買いまくり、さらにペプシ・コーラと法廷闘争を繰り広げる。ブランドイメージ戦略を熟知した、天才的マーケティングの始まりである。ビジネス・スクールでアディダスの牙城を崩すビジネスプランを立てたフィル・ナイト(ナイキ)は、卒業してすぐ日本に飛び、ある靴メーカーと販売契約を交わす。まだ会社もつくらないうちの早業だった。マイクロソフトのビル・ゲイツは創業期、ソフトウェアを組み込まずに発売された小型コンピュータを見て、そのメーカーの社長に連絡を取り、まだ作ってもいないプログラムソフトの納品を承諾させる。「標準」づくりをビジネスにした、最初の強引なやり方であった。 ほかにも、ロックフェラー、フォード、ウォルト・ディズニー、アンドリュー・グローブ(インテル)など、アメリカンドリームの象徴的存在の生涯がまとめられている。ただ、1冊で25人を取り上げているため、内容が薄いと感じられる章があるのは残念である。 この25人を理解することは、アメリカ経済を成り立たせているものは何であり、それがどんな道筋で発展してきたかを理解するうえで役立つはずだと著者は説く。確かに、エンターテイメントとしてだけでなくアメリカ経済史としても楽しめる1冊だ。(棚上 勉)

言葉はいらない
読了後、言葉はいらない。ただ自分の中にふつふつと湧き上がるものを感じ取ることが出来る。日常の時間は平穏になにげなく過ぎているが、なにか忘れ物をしているような感覚が拭い去れなかったとき、この本の抜粋を読んだだけで、そう、今の日常は本物じゃないぞって感じられた。
25人の偉業にはただ感嘆するばかりだが、彼らの日常性の一端でも知ることになれば、自分が変われることを知ることが出来、さらに成長の軌跡に乗ることが出来るかも知れないという期待感が溢れ出て来ている。

アメリカン・ドリームの軌跡―伝説の起業家25人の素顔の詳細を見る

 <  前の記事 東京ディズニーランド&シーよくばりガイド  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/2412

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ディズニーランド関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。